嶺雲寺|兵庫県神崎郡福崎町

嶺雲寺は兵庫県神崎郡福崎町にある曹洞宗の寺院、出口龍憲画伯の煌煌之龍図が天井に描かれている龍の寺

嶺雲寺
嶺雲寺の春
嶺雲寺の夏
嶺雲寺の秋
嶺雲寺の冬
嶺雲寺からご挨拶

嶺雲寺22世住職

画像

平成22年12月1日、嶺雲寺第22世住職として大道晃仙管長より辞令を賜りました。ちょうどその頃、私の師匠でもある現東堂和尚のもとで、本堂再建に取り掛かっていました。
平成24年3月、本堂の完成を見、その落慶法要と東堂の退董式を行うとともに、晋山結制を盛大に行うことができました。檀信徒の方々の努力と東堂が永年守り続けた嶺雲寺を、その報恩に報えるべく精進してまいります。
新装なったこの本堂を檀家の方かもちろん、有縁の方々にも親しまれる道場としてゆきたく思っております。
多くの皆様のお参りをお待ちしております。

知量  拝

東堂

画像

私が初めて衣を着たのは昭和27年12月のことである。つまり、10歳のとき得度を受けたのである。私は祖父の後を継ぐことになっていた。
今、お坊さんの道に入って60数年が経った。嶺雲寺の住職として47年の歳月が流れたその集大成として本堂の落慶をみるとともに退董したのである。
式に臨み、
「四十七年夢一場
 流水浮雲何処依
 堅固法身何必問
 百尺竿頭進一歩」
の法語を唱え、本堂地蔵尊に別れを告げた。
私を支えて下さった多くの人々に感謝を申し上げ挨拶といたします。

合 掌  玉峰泰清  拝

煌々の龍図 煌々の龍図詳細はこちら

お知らせ